More from: 浅倉樹々

つばきファクトリー 浅倉樹々、復活!グループへの合流は12月10日の池袋サンシャイン

ヘルニアの治療に専念するために活動から一時離脱していた つばきファクトリーの浅倉樹々が、活動を再開している。すでにダンスレッスンに参加したことは、本人のブログなどの記述から垣間見えていたが、正式にファンの前に立って、ソロのトークイベントを開催し、そのアイドル活動を再開した。この一連の経緯については関連リンクを参照して欲…

続きを読む


ダイナミックに魅力的に成長した つばきファクトリーそのものを示す 2019秋ライブツアー『月光』その2

はじめに メンバーたちが成長しているということの意味 はじめてのお披露目、はじめてのファンクラブイベント、はじめての握手会、はじめてのリリイベ、はじめてのワンマンライブ、はじめてのライブツアー…どころか、メンバーによっては、先輩たちのツアーに帯同していた研修生のころから知っていたので、どうかすると つばきファクトリーが…

続きを読む


つばきファクトリー 2年ぶりのイオンモールつくば での “秋の感謝祭”ミニライブ&握手会イベントは、やっぱり2年ぶりのソロ祭!

はじめに つばきの歩みはハロプロの歩み?  2020年にリリースされる第六弾の新曲お披露目はまだまだ先になりそうですけど、しかし、やっぱり つばきファクトリーのリリースイベントは、いろんな意味でファン冥利に尽きるものがありますよね。めんどくさく「ファン冥利」だなんて言わなくても、端的に、とっても楽しいですし。 2019…

続きを読む


つばきファクトリー 浅倉樹々、ダンスレッスンに参加で完全復帰も間近か?

つばきファクトリーのリーダー山岸理子の、2019年10月30日に更新されたブログが、ファンの間にザワめきを巻き起こしてはいたのだ。”だとしたら、どういうことなのか?” と。 久しぶりのちばーずshot 帰りはききと帰ったよー つばきファクトリー オフィシャルブログ “ちばーず&#82…

続きを読む


つばきファクトリー、浅倉樹々の活動復帰と2020年の第六弾シングルリリースを動画で発表!

腰椎椎間板ヘルニアの療養のため つばきファクトリーの活動から離れていた浅倉樹々が、段階的にではあるが活動を再開する。 公式サイトのニュース欄では、これまでの療養の詳細にまで踏み込んだ活動再開宣言が、事務所代表者の記名入りで公開され、本人のブログでも、療養で活動を離れている間も信じて待ち続けてくれたファンへの感謝が力強く…

続きを読む


つばきファクトリー2019秋、愛あるコールからファンの疲労困憊まで ~ライブツアー『月光』その1~

はじめに:透明感の健在から煌びやかさの上書きまで お見送りの握手会で、小野田紗栞さんの握力が復活しているように思いませんでしたか? 握手会でのグリップの強さが話題になっていた小野田さおりん。でも、ある時期から、その強力な握力は鳴りを潜めていたように思うのです(個人の感想です)。とか書くと、“ある時期からね、ああ、はいは…

続きを読む


つばきファクトリー 浅倉樹々「活動休止のお知らせ」にもファンは動ぜず

腰の療養に専念するため一時的に活動から離れている つばきファクトリーの浅倉樹々だが、その離脱期間がまだ長引くようだ。公式サイトのニュース詳細の他、当人のブログでも、その旨、お知らせされている。 メンバーの浅倉樹々ですが、回復の兆しはみえるものの、 活動再開までには至っておらず、引き続き様子をみる必要があるとの診断を受け…

続きを読む


つばきファクトリー、メンバーもファンも初のファンクラブツアーを喜ぶ気持ちが満ち溢れる “キャメリアンジャーニー” in 長野

はじめに 最初だけ言わせてください バスツアーといえば、バスの各号車の車窓をマイクロファイバータオルで装飾する(ことによって、バスの巡回する地方にハロプロの宣伝を兼ねる?)こともよく知られていますよね。しかし今般、バスの窓を飾るマイクロファイバー不足問題が持ち上がっており、いくつかの号車ではお手製の装飾用ポスターを持ち…

続きを読む


つばきファクトリー 浅倉樹々、療養継続で夏のライブやイベントを欠席するも、ファンには明るい材料か?

腰椎椎間板ヘルニアの治療に専念するとして、つばきファクトリーとしての活動を一時休止している浅倉樹々だが、治療継続のため、この夏のライブやイベントも引き続き欠席するとお知らせされた。 まだ加療、療養を必要とするため、 『Hello! Project 2019 SUMMER beautiful/harmony』 全公演を欠…

続きを読む


演者の成長を体感するという新体験/レポ:つばきファクトリー演劇女子部 「遙かなる時空の中で6 外伝 ~黄昏ノ仮面~」

はじめに 積み上げてきたからこそ響く魅力 ダリウス的には梓はどうでしたか? 東京公演の千秋楽(6/16)ダブル・カーテンコール(← って言うのかな?)での小片リサさん(梓役)が岸本ゆめのさん(ダリウス役)に向けて放ったセリフです(つまり、このセリフは「きしもんとしては、私、小片リサはどうでしたか?」と翻案できるわけです…

続きを読む