More from: 小関舞

宮本佳林出演、​STAGE VANGUARD「悪嬢転生」の3つの注目ポイントとは?

元 Juice=Juice で、現在は M-line club で活躍する宮本佳林が、舞台に出演することがわかった。2022年の7月に、丸の内はCOTTON CLUBにて、10公演が予定されている。 その詳細は下記の通りだが、いくつかの点についてファンの注目が集まっているようだ。 宮本佳林が語り、歌い、演じる、転生音楽…

続きを読む


元カントリー・ガールズ小関舞、M-line club への加入決定!インスタグラムで喜びの報告

ハロー!プロジェクトの歴代グループの中でも、メンバーたちの可憐さで今尚多くのファンに鮮烈な印象を残しているカントリー・ガールズ、その元メンバーで、2019年の年末にグループからもハロプロからも卒業していた小関舞が、M-line club へ加入する。 M-line club のサイトだけでなく、小関当人のインスタグラム…

続きを読む


森戸知沙希のバースデーイベントに、カントリー・ガールズを卒業した小関舞がゲスト出演!

2020年2月20日の木曜日、その前日の19日に20歳の誕生日を迎えたモーニング娘。14期メンバー森戸知沙希のバースデーイベントが、東京は代々木の山野ホールで開催された。ハロプロメンバーのバースデーイベントには、サプライズのゲスト出演が恒例ともなっているが、この森戸の20歳を祝うバースデーイベントのサプライズは一味違っ…

続きを読む


カントリー・ガールズ、5年間の活動に区切りを付けて、アイドルとしての一つの理念型へ ~森戸知沙希に託して~

いろんなファンの思惑が乱れ飛ぶグループ(投稿者の場合) カントリー・ガールズの握手会で、 山木梨沙 さんの前に流れていったとき、山木さんが道重さゆみさんの大ファンだと知っているから、ついつい道重さんの話題を持ち出すことが多かったんですね。 それでなくとも、しっかりプロのアイドルとして、各地のショッピングモールにてCD販…

続きを読む


カントリー・ガールズのラストライブが全国各地でライブビューイング決定!

現行のカントリー・ガールズのラストとなるライブの、全国の映画館でのライブビューイングが決定した。 12月26日(木)、カントリー・ガールズ ライブ2019 〜愛おしくってごめんね〜のライブビューイング開催が決定しました! 公式サイト ニュース カントリー・ガールズ ライブ2019 〜愛おしくってごめんね〜 のライブビュ…

続きを読む


小関舞、カントリー・ガールズとしての最後の写真集を12月にリリース!

2019年12月末でカントリー・ガールズ及びハロー!プロジェクトを卒業する小関舞の写真集がリリースされる。 カントリー・ガールズ 小関舞のファーストビジュアルフォトブックの発売が決定しました!! 公式サイト ニュース詳細 小関舞(カントリー・ガールズ)ファーストビジュアルフォトブック「舞BEST」発売決定!! 公式のニ…

続きを読む


カントリー・ガールズ全メンバー卒業で活動停止 森戸知沙希以外はハロプロからも卒業

どうにも例年に比べて年末から来年に向けてのイベントやライブの告知が遅いなあ…多くのファンがそう感じて、2019年末から2020年にかけてのハロー!プロジェクトの展開、具体的には2019年のカウントダウンライブや2020年の冬ハローの開催の詳細を待っているところに、衝撃の知らせが飛び込んできた。 ハロプロの一翼を担うカン…

続きを読む


演者の成長を体感するという新体験/レポ:つばきファクトリー演劇女子部 「遙かなる時空の中で6 外伝 ~黄昏ノ仮面~」

はじめに 積み上げてきたからこそ響く魅力 ダリウス的には梓はどうでしたか? 東京公演の千秋楽(6/16)ダブル・カーテンコール(← って言うのかな?)での小片リサさん(梓役)が岸本ゆめのさん(ダリウス役)に向けて放ったセリフです(つまり、このセリフは「きしもんとしては、私、小片リサはどうでしたか?」と翻案できるわけです…

続きを読む


Radio NEO ハロドラ、2019年6月をもって終了? いかにも急な展開に憶測様々

ハロー!プロジェクトのメンバーやOGが多数出演している Radio NEO『HELLO! DRIVE!』は、2016年の放送開始より此の方、何度かのリニューアルを繰り返してきたが、この2019年6月いっぱいで放送終了となるようだ。 出演メンバーのブログや番組公式サイトでディレクターが記している放送後記的なブログなどに、…

続きを読む


キャスト変更の功罪の「功」、小片リサと岸本ゆめの/レポ:つばきファクトリー演劇女子部 「遙かなる時空の中で6 外伝」

最初に結論から。いろんなことがありましたけど、そんな “いろんなこと” を受けて、しかし、こんなにも素晴らしい舞台を創り出している つばきファクトリーは、もう愛らしいばかりのユニットではありません。明らかに、つばきファクトリーはプロフェッショナルとして、腰の座った仕事ぶりを示しています。もう、初…

続きを読む