More from: 野中美希

「前代未聞ってこういうことか」と全世界が納得した モーニング娘。’21 コンサート Teenage Solution ~佐藤優樹 卒業スペシャル~

はじめに あたりまえの単独公演のように圧巻の武道館を 360度全方位からの視線が集まる中央ステージでのフォーメーションは凄まじかった。 日本武道館の中央にステージが設えられ四方にサブステージが展開する構成。これを余すところなく使い倒して、ある時は長く縦列して、ある時は横に広く整列して、中央のセンターステージに集合するに…

続きを読む


モーニング娘。’21 野中美希Presents『SONGS FOR YOU』が思い出させてくれるハロプロの魅力

はじめに 美しく【なった】野中美希 やっぱり、ハロプロとモーニング娘。は最高だなって。 2021年のソロフェス MVP のご褒美として、モーニング娘。’21 の野中美希プレゼンツ特番『Miki Nonaka presents モーニング娘。’21 ~SONGS FOR YOU~』がテレ朝チャンネルで配信され…

続きを読む


『ソロフェス2』が魅せるハロプロの神髄、51人による51通りの本気を全レビュー!

はじめに 魅せてもらったのはスキルだけじゃなくて ハロプロメンバーが冠番組を懸けてソロパフォーマンスを競う『ソロフェス』。その第二弾であり、個々のメンバーが3票ずつ持っていて、それぞれに投票し合うことでMVPを決するという具合に微妙に仕様変更されたガチンコ パフォーマンスバトルでもある『ソロフェス2』が、2021年8月…

続きを読む


モーニング娘。’21 、AVIOTワイヤレスイヤホン新モデルのタイアップ! 往年の名曲と現在の魅力をつなぐ動画も公開

モーニング娘。’21 に新たなタイアップが決定した。モーニング娘。’21 は、AVIOTの完全ワイヤレスイヤホンの新モデル「TE-D01q」のタイアップアーティストとなる。 すでに YouTube に動画がアップされているだけでなく、タイアップブランドであるAVIOTのサイト(http://aviot.jp/produ…

続きを読む


ひなフェス2021 ソロ&シャッフルユニット抽選動画はスクショタイム多めの見所満載バージョン!

ハロー!プロジェクトの春の祭典である『ひなフェス』は、毎公演ごとに、ユニットの枠を超えて、その公演限りのシャッフルメンバーでの楽曲披露やソロでの楽曲披露があることでも知られている。コロナ禍に襲われた結果、無観客での配信となった2020年の『ひなフェス』も、このシャッフルとソロの趣向は、しっかり踏襲された。 そうしたシャ…

続きを読む


モーニング娘。’21、約3年4ヶ月ぶりのオリジナルアルバム発売!その名も 『That’s J-POP』!

モーニング娘。’21が、通算16枚目のオリジナルアルバム『16th~That’s J-POP~』を2021年3月31日の水曜日にリリースする。 このお知らせは公式にリリース情報が告知されるタイミングで、”嬉しいお知らせです” として、各種のチャンネルを通じてアナウンスされた。それもそ…

続きを読む


まさに一騎当千、制約を乗り越え明日を眼差す正しいエンタメ Hello! Project 2021 Winter 〜STEP BY STEP〜

とりあえず嫌なことは忘れて楽しもうと思って向った年末の中野で、「この場所で待っているから」とか、つばきファクトリーの秋山眞緒さんに歌われて、「うおおおおおおん、おがたさあああん、この場所で待っているからねええええ!」と、すっかり忘れるはずだったことに真っ正面から向き合うことになってしまった2020年の暮れでありました。…

続きを読む


モーニング娘。’21 野中美希、待ちに待たれたファースト写真集 発売決定!!

同期の写真集がどんどん発売されてファンを越えて大きな話題を集め、モーニング娘。に限らぬ後輩たちも順次写真集を発売していく中、なかなか写真集発売の報がなくファンが焦れていたモーニング娘。12期 野中美希だが、ついに満を持して写真集を発売する。 モーニング娘。’21 12期メンバー野中美希のファースト写真集発売…

続きを読む


やはり握手会の再開は先送りか? モーニング娘。’20 68thシングル発売記念個別系イベントの振替が告知

モーニング娘。’20 が、2020年の2月から3月にかけて開催する予定だった68thシングルの『KOKORO&KARADA/LOVEペディア/人間関係No way way』発売記念イベント、個別系の「チェキ会、サイン会、個別握手会」の振り替え日程が告知された。 このお知らせがファンの間に一瞬ざわめきを呼んだ…

続きを読む


モーニング娘。DVDマガジンに見る “継承の形”、最年少に背中を押され “先輩” になっていく「娘。」たち

はじめに  それは、リーダー高橋愛さんが9期を向かえた時期に発した言葉だったと記憶しています。9期メンバーが初めて参加したツアーを追ったDVDマガジンのインタビュー的な体裁で、愛ちゃんは、こんなことを語っていました。 曰く「確かに私たちが今活動できているのは先輩たちのおかげだけど、私とガキさんなんて10年やってるんだか…

続きを読む