OCHA NORMA 斉藤円香、これからの年表こそが楽しみだと宣言したハロショ千夜一夜 第八十一夜

思わぬ悩みも吐露された
もっともっと知りたくて~斉藤円香~

第一部でも言及されたプロフィールの「座右の銘」って言葉が出て来ないで焦る斉藤さんに、事務所のエライ方も「そこは斉藤さんが言ってくれないと(こちらとしてもアシストしようがない)」的な感じで(そりゃそうですよね)、しばらく困っていたりして、やっぱり緊張感が大きかったんだろうなと。

そんな第二部は『もっともっと知りたくて~斉藤円香~』として斉藤さんの現在までの年表が披露される次第ですが、ハロプロ加入前の芸能活動のことなども期待していたところ、その辺は、あまり触れられず。むしろ、ハロプロに加入してから、研修生ユニットとしてデビューの確約もないまま活動を続ける中での悩みなどが吐露されます。

これまた若き女の子たちの時間の流れ方と、すっかりファンであることに安住しちゃった “おっさん” の時間の流れ方の違いが明らかになった場面でもあるんですけど、こちらからすれば、OCHA NORMA の母体となった研修生ユニットについては、比較的(エースと期待されたメンバーが早々に離脱したけれど、それ以降は)順調な活動を続けていたかと思っていました。メンバーが2段階にわけて追加されたのも、デビューを見据えた堅実な補強と見ていた次第ですが、それでも中のメンバーたちにしてみれば、様々に不安を抱えながらのものであったことが、当人の口から語られます。… その意味で、やっぱり貴重ですね千夜一夜って。

そんな、こちらからは全然見えていなかった諸々が吐露された挙句に、イベントの終盤になって「これからの年表が楽しみです!」って言うんですから、そりゃ、いろいろ響いてしまうのは避けられないってことで。

そんな斉藤円香さんの短い半生について、以下、ご報告です。

(文=kogonil)

斉藤円香 年表
2002年
  • 10月28日 午前8時45分 3260gで生まれる。
  • 誕生した時の顔が円のようにかけたところがないような丸い顔、心優しい円満な人になってほしいと円香と命名される。
  • 円のようにかけたところがない産まれたばかりの頃の写真 西口氏「か~わいいっ!」
    命名の写真も
  • 4人兄妹の末っ子として産まれた。
    グループでは最年長ですけど、実際には末っ子です
  • 生後2ヶ月前に家族旅行でスキーに行く。
    産まれる2ヶ月前ってことかな?斉藤「そうですね」
    西口氏「生後2カ月で家族旅行ってことじゃない?そんな身重でスキーには行かないでしょ!」
    斉藤「そうですよねえ(笑)」
  • 生後百日記念撮影でモデルデビュー?する。
  • そのモデルデビューの写真
    まんまるって…いうか、まあ赤ちゃん標準
  • 生後半年頃「まどちゃん」の呼びかけに反応する。
2003年 1歳
  • 家族にかわいがられ、すくすく育つ。
  • そのすくすく育っている動画を
    おしゃぶりを加えた可愛い赤ちゃん 音声ナシ動画
    西口氏「2年くらい、ずっと見てられる」
    斉藤「はずかしいんですけど!」
    家の中の畳みの部屋にて 音声アリ動画 めっちゃ笑ってる
    西口氏「か~わいいですねえ!」
    斉藤「(超テレテレで)あ~りがとうございます」
  • 兄の習い事の送り迎えでよく車に乗っていた。
  • 1歳の記念撮影をする。
  • 1歳の記念撮影の写真 けっこう大きくなってる?
2004年 2歳
  • 次男、三男が少年野球を始めたので、土日はよく外で遊んでいた。
    斉藤「記憶ないです。このあたりは母の力で」
  • 2歳の記念撮影をする。
    写真を撮る前に泣いたらしく、目が腫れている。
    当時から泣くと目がすぐ腫れたり目の皮膚が弱かった。
  • 2歳の記念撮影写真
    すでにすっきりと可愛らしくシーブルーの衣装に運命を
2005年 3歳
  • ゴールデンウイークに清水公園でマス釣りをしてから、毎年ゴールデンウイークは自宅でバーベキューをするのが恒例になった。
  • 親族?パパ?に支えられて釣りをしてる写真
  • 音楽教室でリトミックと水泳を習い始める。
    斉藤「けっこう好きな事をさせていただいてた。書いてないけど体操教室も」
  • マツケンサンバⅡにはまる
    マツケンサンバにハマって踊る斉藤さんの動画が…
    映像の後、兄たち参戦版を語る斉藤さん
  • 七五三の撮影の時の私が超可愛かった。
    家族曰く「この時が一番ピークの円香」
    家族が言うピークだったときの写真
    この時の写真がたくさんあるんですけど、母曰く「こういう本気で可愛いのは、小出しにしないと」とのこと
2006年 4歳 年少
  • 幼稚園入園
  • 幼稚園ではすぐにお友達ができて楽しく通っていたが、夏休み明けの2学期は幼稚園の門の前でぐずっていた。
  • 兄たちが『家庭教師ヒットマン REBORN!』を見ていた横で一緒に見ていた。
  • この辺りから兄がいろいろ見ていたのを
  • 幼稚園年少組の写真
2007年 5歳 年中
  • 水泳でボビングができず怖くなり、辞める
    「ボビング」の説明を入れる円香さん
  • 浴衣がたまたまシーブルーだった。
    西口氏「もはやライフカラーと言っても良い」
    そんな浴衣の写真を
  • 大乱闘スマッシュブラザーズ』と『マリオカート』と『オシャレ魔女♥ラブ and ベリー』に手を付けるが全く上手くできなかった。
    お兄ちゃんきっかけで手を付ける(『大乱闘スマッシュブラザーズ』と『マリオカート』)
2008年 6歳 年長
  • 音楽教室の発表会に初めて出る。
    木琴?を演奏してる写真(この時は工藤さんカラー?)
  • 運動会の徒競走で1番になる。
    一位のメダルを大事に掲げてる写真
2009年 7歳 小学1年
  • キッザニアで歌手のお仕事をする。
    心の中でなりたいと思い始める。
    西口氏「その自覚はあったんですか?」
    斉藤「ありましたねえ…」
  • 歌手のお仕事をしてるキッザニアでの写真を
    髪が短くて可愛らしい
  • 7歳の記念撮影をする
    西口氏「これまた運命的な写真、笑い顔が完全に斉藤さん」
    ちゃんとシーブルー
  • アニメ『イナズマイレブン』をきっかけに Berryz工房を知る
    そこからハロー!プロジェクトに本格的に興味を持つ。
    ついに “イナイレ新規” 世代のメンバーが!
  • ちなみに Berryz工房での推しは須藤茉麻
    いや~~~まじか!
    青春バスガイド』の須藤さんがタイプすぎるので
  • 以降、ガラケーで写真を撮るようになったので、持ち込みの写真が減ります♪
2010年 8歳 小学2年
  • 水泳をまた習い始める。
    速く泳いでる子を見て悔しいと思って
    負けず嫌いは表に出さないけどね
  • 学校が楽しくて仕方なかった。
  • イナズマイレブン漬けの日々。
    真似してサッカーの新技を作ろうとしていた。
2011年 9歳 小学3年
  • 手相占いに興味を持ち、クラスで占いクラブなどを作っていた。
    昼休みに行列が出来る程人気がある時期もあった。
    西口氏「あたったの?」
    斉藤「いや今から思えば…」
    西口氏「テキトー?ひどいなあ」
    手相の本を買って勉強していたという斉藤さんだけど、あんまり「覚えてないかも」
  • おしゃれに興味を持ち始めた。
    西口氏「ずっと可愛い服を着てた印象がありますけどね」
    斉藤「ファッション誌を買い始めました」
2012年 10歳 小学4年生
  • ランウェイに挑戦する。
    小3のファッション誌でオーディションがあって応募した。渋谷でランウェイを歩いたんです。
  • 性格が一時期尖っていて、一人称を「俺」にしていた。
    語尾も「~だろ?」「~んだよ」などにしていて、ドッジボール大会も最前線にいた。今思えば、恥ずかしくて黒歴史。
  • ランウェイに挑戦してひとつの夢が叶った後、口が悪い方がカッコいいと思っていました。
  • 習い始めて2年で水泳でメドレー種目をマスターして大会に出る。
    水泳教室では飛び級もしてました
  • お昼の番組でモーニング娘。が「恋愛ハンター」を披露していて、工藤遥に釘付けになり MV をたくさん見るようになる。
    工藤遥さんに出会いました
  • とびだせどうぶつの森』に全力でハマる
2013年 11歳 小学5年生
  • 小4の後半から『新・光神話パルテナの鏡』にどハマりして、本格的にヲタク人生を歩み始める。
    風呂場でもやり込んでゲーム機を水没させたエピソードも
  • 少女漫画を集め始める。
    「俺っ子」になってた反動か、少女期です
  • 書道を習い始める。
  • ここから趣味趣向が豊かになる。
2014年 12歳 小学6年生
  • 水泳を辞める。
    私より速い子が出て来て、みっともなく、悲しくなって…
  • 工藤遥、佐藤優樹のコンビ名「まーどぅー」が好きすぎて、「まどか」をもじって「まどぅ」というニックネームを周りに浸透させようとするが、全然浸透しなかった。
  • ゲーム機のプロフィール機能などでも、そのニックネームで登録したのに、誰も呼んでくれなかった
2015年 13歳 中学1年生
  • 学校の水泳部に入部する。他にも色んな部活に手を出す。
    バスケ部とか、体験入部もありつつ…
    西口氏「好奇心旺盛ってこと?」
    斉藤「そうですねえ、まあ結局、水泳部に入部しましたけどね」
  • 「まどぴ」というニックネームが定着する。
    『新・光神話パルテナの鏡』の推しのブラックピットのニックネーム『ブラピ』から『ピ』をとって『まどぴ』になる。
  • イントネーションが当時は違っていたけど、いつのまにか、現状のイントネーションに
  • 「あんさんぶるスターズ!」がスマートフォンでリリースされ、あんスタのホーム画面のキャラ動作を綺麗に見たいが為に、新作のスマートフォンを誕生日に買って貰う。そして完全に今のようなヲタクになった。
  • 音楽教室を辞める。
    部活にも入ったし、中学生にもなったし、辞めちゃいました。
2016年 14歳 中学2年生
  • 放送委員会委員長を務める。
    この時の方が原稿読みが上手だったかも
  • 文化祭で友人2人と私、3人で踊る。
    Perfume さんを踊りました。大盛況♪
  • 放課後、毎日友達と PPAP と恋ダンスを踊って騒ぐ。
  • 工藤遥への想いを募らせすぎて、髪形を真似ショートカットにする。
    ず~~っと在宅、たまにイベントに行くくらいで、工藤さんが好き
    ショートカットにした斉藤さんの写真
2017年 15歳 中学3年生
  • 推しの工藤遥の卒業発表により、今まで在宅派よりだった推し活が現場に行くようになる。
    斉藤「このとき、アイドルは永遠じゃないって気が付いて後悔しました!」
  • 今まで勇気を出せずに受けていなかった「ハロー!プロジェクト新メンバーオーディション」を受けて不合格
    それまで、ちょっと表にでるお仕事をしたことはあったんだけど、歌って踊るのは初めて
    このオーデでは、合格者なしでした
  • 中間テストの初日に工藤遥卒業コンサートへ行って大号泣。その後テストは散々な結果に。卒業コンサートの銀テープは今でも大事に保管しています。
    参考|モーニング娘。10期メンバー工藤遥 武道館をオレンジ一色に染めて堂々卒業!
    保管していた銀テープの写真(尾形さんの卒コンでのものも)
  • ハンドボール部に入部、水泳部は退部。
    お友達がハンドボール部だったので… でも、その子が留学でいなくなっちゃうので、代わりに誘われた感じです
2018年 16歳 高校1年
  • なんだかんだ夢を諦めきれなかったのもあり、文化祭で有志グループでダンスをする。
    乃木坂とか、いろいろ
  • 「ハロー!プロジェクト “ONLY YOU” オーディション」を受けて研修生になる。
    伊勢、平井、小林、里吉ら一芸オーデ、斉藤は書道にて一芸オーディションへ!
    研修生になってみて世の中の厳しさを感じました
    アイドルを好きで見てるのとは全然違った
  • 研修生発表会12月~みかん~』でお披露目。
    その時の写真
2019年 17歳 高校2年
  • 体育祭で騎馬戦の大将になり、選抜リレーも走る。
  • 修学旅行でイギリスに行く。楽しい。
    初めての海外だったんですよ、オックスフォードとか♪留学ってわけじゃないですけど、一週間でイギリスの学校で教えてもらったり
  • ハロプロ研修生ユニットに加入する。
  • 最年長なのに1番後輩という立ち位置だった。
    研修生でも一番下だった。このお話をいただいてから上のイギリス旅行という順番
  • ハロプロ研修生加入からの半年での選抜に、ずっとプレッシャーを感じて逃げたくなっていた。
    応援してくださる方の顔も見えていて、頑張ってる自覚が出てきた
  • ミステイク』という楽曲をいただく。今でも思い入れのある曲。
    西口氏「すっげーやったもんね!
    初めてのレコーディング曲でもあったので
    4人の研修生ユニットの写真 西口氏「ぼくらには、ついこないだ…」
2020年 18歳 高校3年
  • 実力診断テストなどの結果を受け、1番思い悩んでいて消え去りたくなるくらいの状態だった。
    診断テストで泣いちゃったんですよね、なんで泣いちゃったんだろって
    当時は毎日泣いていた。当時の写真を持ってこようかとも思ったけど、あまりに目が腫れていて将来の活動に響きそうなので止めた
  • 3月で辞めようかとも考えていた。
  • ハロプロ研修生ユニットが新グループのメンバーになると発表された!
    いろんな感情で爆発しましたね、当時は「デビューしますよ」とも言われてなかったので、4人で話し合って、4人同時に辞めようかとか、いろんなことを話していたところだった
  • 高校卒業
    無事卒業できました!卒業の写真(マスクしてるし!|そんな時期{コロナ禍}でもあります)
2021年 19歳 大学1年
2022年 20歳 大学2年

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメント

名前*必須