つばきファクトリー 豫風瑠乃、ギャップにもミュージカルにも驚かされた ハロショ千夜一夜 第九十五夜

はじめに 瑠乃ちゃんの気遣い?

グループの先輩や年上ばかりの同期に対しては、自分が愛されていることを確信してのことか、どこか自由に気儘に振舞っているかのような豫風瑠乃さん、個別系イベントでブースを訪れるファンに対しても “不思議ちゃん” 対応が目立つところで、果たして事務所のエライ方には、どんな態度なのか、それだけでも興味津々だったですよね。

とか思っていたら、瑠乃ちゃん、いろいろな話題に対して何かしらまとまったことを言おうとする場合でも、自分はこう思ったというその場のリアルな申告にあたって独特な直接話法的な話し方も含め、いろいろ前提となっている(瑠乃ちゃんの脳内の)事柄がやっぱり独特で、非常に文脈を追いにくい発言多めです。単純に単語を投げつけるようなものではなく、その時思ったことと、それを今伝えているということを、ちゃんと切り分けた上で、文章にして話しているんですけど、ところどころ挟まれる “その時思ったこと” が、かなり独特な直接話法だったりするし、瑠乃ちゃん特有のオノマトペも多く、なかなか内容を把握しがたくて。

これがグループの末っ子で愛されっ子特有のものかと思っちゃいそうになりますが、実際にグループのメンバーと会話している場面を思い起こせば、むしろ、DVDだったり配信番組だったりの瑠乃ちゃんの方がしっかりしているし、発言の内容も把握しやすいことが多いので、この脈絡のつかみ難さは、かえって、事務所のエライ方へ向けてしっかりお話しなきゃいけないと瑠乃ちゃんが強く自覚することによるものではなかったかと。

併せて、数少ない個別系イベントでの経験および同志のレポなどからも、豫風瑠乃さん、対面する相手へ “ちゃんと伝えよう” とすればするほど、いわば、余計な力が入っちゃって、固くなるのではないかと。”不思議ちゃん” 対応の理由は、もしかしたら、そんなところだったのかなとも思う次第。

そう思えば、自由奔放なようでいて、意外と緊張しがちなのかも知れません。
まあ、以上を総合するに、瑠乃ちゃん、超可愛らしかったという次第です。

ハロショ千夜一夜 第九十五夜 つばきファクトリー 豫風瑠乃

そんなグループの末っ子、つばきファクトリーでまだ千夜一夜イベントに登場していなかった つばきファクトリー豫風瑠乃ちゃんが、いよいよアサインされました。… とか思っていたら(← 2回目)

当初予定されていた10月27日、定刻の配信に待機していたら、機材トラブルで18時30分配信スタート… って、瑠乃ちゃんはシンデレラタイムがあるから遅れた分だけ時間が短くなるので、大丈夫なのかなと思ったら、果たして機材トラブルの復旧が見込めないため延期となったのでした。

延期となって(2023年10月27日 → 2023年11月10日)、再度、予定されていた11月10日、改めて定刻の配信に待機していたら、なんとまたもや機材トラブル。さすがに “マジか” と思いつつ、しかし、再度、機材トラブルの復旧が見込めないため延期となってしまいました。(2023年11月10日 → 2023年11月30日

3度目の正直となった 2023年11月30日、ようやく無事、配信スタートです。
瑠乃ちゃんも、すっかりハロショに通い慣れたという趣旨の発言まで。イベントを仕切る事務所のエライ方もおっしゃっていましたが、ある意味で、千夜一夜の歴史に残る配信となったかと。

もし、配信されなかった10月や11月10日の分も別途簡易フィギュアがあったなら、きっとそれも含めて並べるはずと思ったので、思うに瑠乃ちゃん作成の簡易フィギュアは、10月作製版の使いまわしかな?

実況中継推奨イベントにつき、今般の瑠乃ちゃんの配信では、下記のハッシュタグで検索すれば有志のリアルタイムレポを追跡できるという仕様なので、当記事も、急ぎ(下までスクロールして)ページを切り替えて、イベントの内容へ。

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメント

名前*必須